HOME MAIL SITE MAP
不明水調査 合流改善関係 劣化・腐食調査 浸水対策関係 その他流量関連調査

本管送煙調査
直接雨水浸入水の傾向が見られるブロックの詳細調査として実施します。主に取付管付近の水密性不良箇所を把握するために行います。
□ 一回の作業単位を80m〜100m(管網にもよりますが3スパン〜4スパン程度)とし、本管の上下流をパッカーで止水さらに宅内に送煙しないように最終桝にも止煙栓を仮設後に本管へ送煙します。
□ 昇煙状況をビデオ撮影・写真撮影します。《ムービー1》 《ムービー2》
□ 宅内誤接を発見するための送煙調査はお勧めしていません。
(理由)
・ 宅内に送煙する可能性があり、住民からのクレームになる恐れがある。
・ 経験上ほとんどの宅内第一桝がトイレ排水の桝であり、第二桝に防臭のための水封桝を設置されている場合が多く、第二桝から上に煙が充満せずに精度が落ちます。

pdfダウンロード調査イメージ<PDF>